中学英語でお勧めの参考書〜基本にカエル英語の本(レベル1)

最初に、結論から書きます。
挫折せずに、中学英語をマスターには、「基本にカエル英語の本」が、お勧めです。
挫折せずに、中学英語をマスターするには、この参考書しかないと言っても過言ではないくらい良書です。
でも、なぜ、この参考書が、お勧めなのでしょうか。

「基本にカエル英語の本」を開いて、まず驚くのが、英語の本なのに、「日本語」と「イラスト」だらけという点です。
これが「カエル英語の本」がスゴイ点の1つです。
どういうことか?
どれだけ、いい参考書でも、最後まで読めないと意味がありません
この点、「基本にカエル英語の本」は、日本語とイラストだらけなので、非常に読みやすくて、中学生でも、最後まで読めてしまいます。
しかも、楽しいイラストが満載なので、普通の英語の参考書のような「つまらない」「退屈だ」というイメージは持たないので、挫折しにくくなっています。
この本を読んで、「生まれて、はじめて、参考書を最後まで読んだ」という感想が多いという話も、うなづけますね。

「基本にカエル英語の本」がスゴイのは、それだけではありません。
この本、他の参考書とは違って、「日本語と英語を比較しながら」解説しているので、中学生でも、英語が理解できてしまうのです。
スゴイですよね。
どういうことか?
英語が得意になるかどうかは、「文の構造」を意識できるようになるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。それほど、「文の構造」は重要なのです。
※)英語が理解できるかどうかは、文型を「真に」理解できるかどうかにかかっています。実際、文型を真に理解できるようになったら、英語ができるようになったという話をよく聞きます。

しかし、現在の中学英語では、ここを丁寧に教えてくれないのです。
だから、中学英語で、英語の上達しない人が多いのですね。
というわけで、ここを丁寧に解説している「基本にカエル英語の本」はスゴイのです。

「基本にカエル英語の本」には、他にも、色々、スゴイ点がありますが、「百聞は一見にしかず」です。
まずは、「基本にカエル英語の本(レベル1)」を手に取ってみてください。
レベル1では、「主語とは?」「目的語とは?」「形容詞とは?」などのような「基本中の基本」から「肯定文」「第1〜3文型」「現在・過去・未来」「名詞」「形容詞」「助動詞」「不定詞」「現在分詞」「動名詞」などが掲載されています。

中学生でも、独学で読み進められるようになっているので、中学英語にもお勧めですよ
※)小学生に使っているという声もあります。

<本の詳細>
◆書籍名:基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル1
◆著者名:石崎 秀穂
◆出版社: スリーエーネットワーク
◆発売日:2007/07
◆ISBN-10: 4883194280
◆ISBN-13: 978-4883194285

<ネットで立ち読みしたり、購入したりできます>
基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル1
基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル2
基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル3

中学英語を攻略のトップページ