中学英語の問題を解いた後の注意点

中学英語の問題を解いた後、注意すべき点があります。
それは、一度間違えた問題は、二度と間違えないようにすることです。

たとえば、10問(1問1点)の練習問題があったとします。問題を解いて、答えあわせをした結果、10点満点で6点で、2問目、5問目、7問目、9問目が間違いだったとしましょう。
多くの人は「6点しかとれなかった」と一喜一憂するだけで終わると思いますが、それではいけません。
もし、このまま何もしないままでいると、同じ問題が出れば10点満点で6点しかとることができないためです。二度と同じ間違いをしないようにすることが大切です。

そのためには、どうすればいいのでしょうか。

二度と同じ間違いをしないための具体的手順

二度と同じ間違いをしないようにするには、以下の手順をふむといいでしょう。

1.問題を解いた後、なぜ間違えたのか、しっかり理解する。覚えていなかった単語があればしっかり覚える
2.数日から数週間時間をあけて、もう一度、同じ問題を解く。
3.間違えがなくなるまで、1、2を繰り返す

人間は忘れる生き物です。
繰り返し覚えないと、すぐに忘れてしまいます。
だから、一回でダメなら二回、二回でダメなら三回、と何度も繰り返すことが大切です。

中学英語を攻略のトップページ

スポンサード リンク