中学英語の文法の意義

よく「文法を勉強しても意味がない」という声を聞きますが、本当にそうでしょうか。
文法を勉強すれば、たとえば以下のようなメリットがあります。

・英文を読んでいるとき、多少、知らない単語があっても、日本語訳がわかります。
・英会話フレーズを「丸」暗記しなくてもよくなります。
・長文が読めるようになります。

要するに、文法を理解していると、英語学習が「楽」になるのです。
しかも、「文法を学習するのに、数百時間がかかる」などのように、文法の学習が大変であれば文法を勉強する必要性は乏しいと思いますが、中学英語の文法ならば数時間もあれば理解できてしまいます。

・参考書選びさえ間違えなければ、たった数時間で文法を理解できる
・文法ができれば、「丸」暗記しなくてもよくなるなど、さまざまなメリットがある

このような状況なのに、なぜ、文法を学習しないのでしょうか。

ただ、中学英語の文法を勉強する際、参考書選びで失敗すると、勉強の途中で挫折してしまう恐れがあります。慎重に、参考書を選ぶ必要があります。
そこで、ここでは参考書選びの方法を紹介します。

中学英語の文法の勉強を「楽」にする参考書選び

中学英語の文法を理解するためには、どのような文法の参考書を選べばいいのでしょうか。

わたしがお勧めするのは、以下の参考書です。

■「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」

イラストで楽しく勉強できますし、丁寧にわかりやすく解説されているので、文法がすんなり理解できるようになります。実際、「基本にカエル英語の本」の読者から「はじめて理解できた」「涙がでるほど、わかりやすい」などの声がでています。

基本にカエル英語の本(レベル1)
基本にカエル英語の本(レベル2)
基本にカエル英語の本(レベル3)

■「もう一度中学英語(日本実業出版社)」

イラストがなくてもいいから、句・節などのような突っ込んだ内容のことも知りたいと思う場合は「もう一度中学英語」がお勧めです。まるで講義をうけているような、丁寧でわかりやすい参考書です。

もう一度、中学英語

■「マンガで学ぶ小学生英語ドリル(マガジンハウス)」

勉強が大嫌いな人にお勧めなのが、「マンガで学ぶ小学生英語ドリル」です。マンガを読みながら英語の基本が理解できます。

マンガで学ぶ小学生英語ドリル

中学英語を攻略のトップページ

スポンサード リンク