中学英語のテストで偏差値をあげる方法

中学英語のテストで偏差値をあげる方法は、以下の3点です。

・中学英語を理解する
・覚えるべきところは、しっかりと暗記する
・ケアレスミスをしないようにする

「当たり前の話じゃないか」と思われるかもしれませんが、本当にわかっている人は少ないです。
そこで、ここではこの3点について、じっくりと解説していきます。

中学英語を理解するとは?

どのようにすれば中学英語が理解できるようになるのかについては、以下にて記事にしています。こちらを読んでみてください。

中学英語を「理解」するには?

覚えるべきところは、しっかりと暗記するとは?

中学英語のテストでよく出題されるのは、以下です。

・動詞の変化表(原形、過去形、過去分詞)
・言い換え(例:can=be able to)
・文法のポイント(例:「〜すること」=「to〜」)

具体的には、上記が穴埋め形式の問題で出題されたり、選択肢の問題で出題されたりします。
だから、上記さえ、しっかり覚えておけば、点数がとれるようになります。

逆をいうと、中学英語のテストは、英語が理解できているかどうかよりも、「覚えているかどうか」が問われている試験といえます。だから、中学英語を理解していないのに、成績が良い人がいるわけです。
「では、中学英語を理解しなくてもいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、中学英語を理解した方が、暗記が楽になりますし、中学英語を理解しないと、後々困るので、理解しておいて損はありません。

ケアレスミスをしなうようにするとは?

偏差値をあげるには、ケアレスミスをなくすことが大切です。
なぜ、ケアレスミスをなくせば偏差値もあがるのでしょうか。
それは、誰しもミスをするものだからです。
どういうことでしょうか。
たとえば、以下のケースを考えてみましょう。

Aさん:10個中、8個正解する力があります
あなた:10個中、6個正解する力があります。

ふつうに勝負すれば、あなたはAさんに負けてしまいます。
しかし、人は誰しもケアレスミスするものです。実際は以下のようになることもあります。

Aさん:本来、10個中、8個正解する力がありますが、ケアレスミスをして5個正解

あなたがケアレスミスをしなければ、本来なら実力で負けているAさんよりも点数が高くなります(偏差値も高くなります)。

誰しもAさんのようにケアレスミスしてしまいますので、ケアレスミスをなくすだけで、相対的に成績の順位があがり、偏差値も高くなるのです。

中学英語を攻略のトップページ

スポンサード リンク