長文の読み方(中学英語)

英語学習といえば、英会話に目がいきがちですが、高校受験・大学受験となると、長文を読む必要があります。
また社会人になってからも、TOEICなどの試験にて長文は出題されますし、社用で長文を読む機会もあります。

やはり長文の読み方を知っておいて損はなさそうです。

そこで、ここでは長文の読み方を紹介します。
※)中学英語レベルの話です。

文法を理解していると、英文が読めるようになる!

以下の英文を日本語になおしてみてください。

(例)I discussed the plan.

discussedは、知らない単語ではないでしょうか。
長文を読んでいると、このように知らない単語がでてくることもあります。
その際に役立つのが文法の知識です。
どのように文法の知識を生かすのでしょうか。
次のように考えていきます。

文法の「第三文型」を勉強していれば、英語は「主語」「動詞」「目的語」の語順になっているとわかりますので、discussedを知らなくても、以下のように推測できます。

主語  +   動詞   +   目的語
I   +    discussed  +   the plan.
※)もし、「主語」「動詞」「目的語」がわからないなら、「基本にカエル英語の本〜レベル1レベル2レベル3(スリーエーネットワーク)」 「もう一度、中学英語(日本実業出版社)」「マンガで学ぶ小学生英語ドリル(マガジンハウス)」のいずれかで学習してください。

「主語+動詞+目的語」の第三文型は、「〜は…を、どうする」という日本語訳になります。
だから、「わたしは、その計画を、discussした」となって、「わたしはその計画を何かしたんだ」となんとなく意味がわかります。
※)「わたしはその計画について議論した」となります。

このように、英文に知らない単語があっても、文法の知識があれば、なんとなく日本語訳がわかるようになります。
長文には、必ずといっていいほど、知らない単語がでてきますので、文法の知識を身につけておく必要があります。

文法は「理解」する必要がある

ただし、文法は「理解」する必要があります。
中学英語を「理解」する方法については、下記で紹介しています。

中学英語を「理解」するには?

中学英語を攻略のトップページ

スポンサード リンク